ガン スリンガー ストラトス 先 バレ。 ガンストが全国で続々と撤去!?その理由とは?新作かサービス終了か?

【グラブル】ガンスリンガーの評価とおすすめLB【グランブルーファンタジー】

ガン スリンガー ストラトス 先 バレ

2019年11月頃から、全国のゲームセンターでガンスリンガーストラトス(ガンスト)が続々と撤去されています。 ツイッターでも色んな店舗の撤去ツイートがたくさん上がってきています。 特にラウンドワンの撤去が顕著で、減台ではなく一気に全台撤去している所も多々あります。 シリーズの今後については世界に向けた内容になるとの発言もあり、ガンストファンは新作への期待もしていました。 そのまま音沙汰もなく約1年、何の発表もなく次々と撤去されるガンスト。 サービス終了?ガンスト4?新作が出る? そんな疑問に元ゲーセン店員の私が撤去理由について解説していきます。 ガンスリンガーストラトスが撤去されるのはなぜ? ガンストが撤去される理由について解説します。 いくつか要因がありますが、売上が悪い・リース契約の終了・設置スペースの確保が主な要因です。 売上が悪い 全盛期は1週間で1台当たり数万円稼ぐという、アーケードゲーム機の中でも稼ぎ頭でしたが、その売上も徐々に減少していき、2018年9月の最後のバージョンアップからは一気に売上がなくなりました。 週間で1台数百円レベルにまでなってしまっています。 売上が悪いのに設置していても、電気代、通信量、メンテ費と維持費がかかるので設置し続けるだけで赤字になってしまいます。 特にガンストはガンのメンテが頻繁に必要なので、人件費がかなりかかります。 リース契約の終了 ゲームセンターのゲーム機は1台数百万と高額です。 それを全国で数百台購入するとなるとゲームセンターの負担は大きいので、購入ではなくリース契約で設置する場合があります。 リース契約を簡単に説明するとレンタルといった感じですね。 そのリース契約が切れるとゲーム機は返却しなければなりません。 毎年リース料を支払う必要があるので、売上が取れない台はリース契約を終了して返却をします。 特にラウワンはリース契約のゲーム機が多いので、本社がリース契約終了して、各店舗で撤去するよう指示している可能性が高いです。 スタホ4の設置スペース確保 売上が取れていなくても設置を続けていたのになぜこの11月のタイミングで一斉に撤去し始めたのか? それはスタホ4が発売されるからです。 スタホ4は従来であればメダルゲームなのでメダルコーナーに設置されますが、今作からそのメダルはスタホ4専用メダルとなり、またそのメダルも電子メダルとなるのでメダルコーナーに設置する必要性がありません。 メダルコーナーに設置してても、そこで増えたメダルはスタホ4では使えないのです。 アーケードゲームの新作馬ゲーといった感じですね。 その為、ゲームセンターにもよりますがスタホ4をメダルフロア以外に設置する店舗が出てきています。 特に多層階のゲーセンはメダルフロアに置いててもメダルの売上は増えないので別フロアに移動しているところが多いです。 さて、このスタホ4はかなりの設置スペースを取ります。 メインモニタとサテライト10台分のスペース確保は大変です。 そこで候補に上がるのが、売上が取れていない、占有面積が広いガンストです。 全国にガンストファンは多いですが、ゲーセンは売上を重視するのでガンストが撤去されてしまう結果になりました。 ゲーセンに通達があれば誰かツイッターで漏らしてるでしょう。 ユーザーに発表されてからでも3ヶ月は猶予はあるはずなので、2020年3月までは大丈夫かなといった感じですね。 ただ、11月の全国一斉撤去でゲーセンからもらえる通信量がメーカーに入らなくなるので、サーバーの維持費などを考慮すると近々にサービス終了してしまう可能性もあります。 ガンストの売上が取れている店舗は撤去せず残り続けるでしょうが、アップデート終了が宣言されている以上、いつまでもつのかは難しいところですね。 ガンスリンガーストラトスの新作は? 2018年9月のアップデート終了発表時に、プロデューサーの門井氏は世界進出を考えているので充電期間としたいと発言がありました。 ガンストファンは新作への期待を膨らませましたが、その後開発状況等の進展の発表は無いままです。 ゲーセンから撤去されている現状、メジャーバージョンアップによる「ガンスリンガーストラトス4」の可能性はほぼゼロとなってしまいました。 可能性があるとすれば「maimaiでらっくす」や「WCCF FOOTISTA」などのように新筐体での新作ですが、ロケテや開発情報が上がってきていないのでこれも可能性としては低く、あってもまだ先になるでしょう。 ゲーセン業界で考えると、同じスクエニ発売の「星と翼のパラドクス」が大爆死してくれたので新作を出す余裕はないのかもしれません。

次の

大都「Pガンスリンガーストラトス」やはり「先バレ」高評価!感想・評価まとめ

ガン スリンガー ストラトス 先 バレ

「ガンスリンガー ストラトス リローデッド」PV 本作は,アーケードゲーム「」(通称ガンスト)のPC版で,2015年内に正式サービスが開始される予定。 これに先立って実施された今回のテストは,安定動作の確認やゲーム性の検証などを目的としたものだ。 同テストに4Gamerも参加させてもらったので,そのプレイレポートをお届けしたい。 両チームのゲージがゼロになる前にタイムアップを迎えた場合は,ゲージを多く削ったほうのチームが勝利する。 基本操作は[W][A][S][D]キーで前後左右に移動,[Space]キーでジャンプ,マウスでカメラ移動や射撃,ロックオンとなっている。 アルファテストで使われた対戦のマップは高層ビルが立ち並ぶ 「渋谷」。 ロボットアクションゲーム感覚で空中ダッシュしながら,ビルの合間を駆け抜けるだけで爽快感を味わえる。 ビルがほとんどの面積を占めているせいか,8人で戦うにしてはちょっと狭いような気がした 「風澄徹」「片桐鏡磨」「片桐鏡華」「竜胆しづね」「ジョナサン・サイズモア」「オルガ・ジェンテイン」「アーロン・バロウズ」「レミー・オードナー」の8体がプレイアブルキャラとして使用可能だった。 筆者は主にレミー・オードナーを選択し,ウェポンパック 「高火力型『ジェノサイダー』」の反物質ロケットランチャーを愛用。 これは,シンプルな銃撃戦がメインだったアーケード版での対戦とは大きく異なるところでもある。 なおPC版では,相手チームのゲージを削り切るだけでは試合の勝敗が決まらない。 ゲージを削り切っても,コアユニットに 「格闘攻撃で」トドメを刺さない限り,タイムアップまで試合が続くのである。 コアユニットへの攻撃を最優先とし,敵との交戦はあえて避けるのも1つの手となったわけだ。 また,ゲージが4分の1まで削れると,そのチームのプレイヤーキャラは 「G. Nフォースモード」を自動で発動し,撃破されるまでパワーアップ状態となる。 これもPC版で追加された新要素の1つだ。 序盤から押され気味になったとしても,PC版ではG. Nフォースモードによって逆転できる可能性が生まれるのである。 これにより,勝ちたいならコアユニットを狙ったほうがてっとり早いため,敵のプレイヤーキャラを撃破する(相手にする)必要性が下がり,ガンスリのだいご味でもあった 「プレイヤー同士の銃撃戦」の部分は薄まってしまった感が否めない。 そのため戦況が「にらみ合い」の膠着状態に陥りにくく, 対戦のテンポ自体は悪くなかった。 むろん 「コアユニットはいらない。 キャラクターはレベルが上がるごとにバトルポイントを振り分けることができ, 「格闘距離」や 「ブースト」といったパラメータを伸ばせる。 一方のウェポンパックは,レベルが上がることでスキルを付与できる。 アルファテストでは 「シールド装填数UP【小】」というスキルを(なぜか該当する武器がウェポンパックに含まれていなくても)付与できたが,その効果は体感できなかった。 今のところ未調整の項目かもしれない。 設計図にはレアリティが存在し,そのレアリティに応じたウェポンパックが作れるようになっていた。 成長要素として今後大きく拡張されるかもしれないが,キャラクターやウェポンパックのレベルアップによる恩恵はあまり感じられず, 「誤差の範囲内」だった印象。 少なくともアルファテストでは,強さに直結するのは 「プレイヤーの腕と判断力」と考えて間違いない。 レアリティの低いウェポンパックでも実際勝ちまくった。 対戦中,空中ダッシュの使い方がうまい! と感じた人は,対戦後のリザルト画面で大体1位か2位にランクインしていた。 こちらの進行方向を予測して 「偏差撃ち」も的確に決めてくる人となると,もうまったく歯がたたず,キャラやウェポンパックの性能差で「どうにかなる」レベルではなかった ちなみに先述のとおり,対戦には500秒の制限時間が設定されているが,アルファテスト時の対戦でタイムアップを迎えたことは一度もなかった。 残り時間200〜100秒で対戦の勝敗は決まるケースがもっとも多く,1回の対戦時間が短いため,つい繰り返し遊んでしまった。 次回のテストや正式サービスでは,良好な通信環境でぜひプレイしたい。 なおテレビアニメ 「ガンスリンガー ストラトス」の放送・配信が4月にTOKYO MX,BS11,とちぎテレビ,群馬テレビ,niconicoで開始される予定()。 アニメにも興味があるという人は,こちらへの期待も高めておこう。

次の

【新台】大都技研「Pガンスリンガーストラトス」2ch・5ch感想・評価まとめ!

ガン スリンガー ストラトス 先 バレ

「ガンスリンガー ストラトス リローデッド」PV 本作は,アーケードゲーム「」(通称ガンスト)のPC版で,2015年内に正式サービスが開始される予定。 これに先立って実施された今回のテストは,安定動作の確認やゲーム性の検証などを目的としたものだ。 同テストに4Gamerも参加させてもらったので,そのプレイレポートをお届けしたい。 両チームのゲージがゼロになる前にタイムアップを迎えた場合は,ゲージを多く削ったほうのチームが勝利する。 基本操作は[W][A][S][D]キーで前後左右に移動,[Space]キーでジャンプ,マウスでカメラ移動や射撃,ロックオンとなっている。 アルファテストで使われた対戦のマップは高層ビルが立ち並ぶ 「渋谷」。 ロボットアクションゲーム感覚で空中ダッシュしながら,ビルの合間を駆け抜けるだけで爽快感を味わえる。 ビルがほとんどの面積を占めているせいか,8人で戦うにしてはちょっと狭いような気がした 「風澄徹」「片桐鏡磨」「片桐鏡華」「竜胆しづね」「ジョナサン・サイズモア」「オルガ・ジェンテイン」「アーロン・バロウズ」「レミー・オードナー」の8体がプレイアブルキャラとして使用可能だった。 筆者は主にレミー・オードナーを選択し,ウェポンパック 「高火力型『ジェノサイダー』」の反物質ロケットランチャーを愛用。 これは,シンプルな銃撃戦がメインだったアーケード版での対戦とは大きく異なるところでもある。 なおPC版では,相手チームのゲージを削り切るだけでは試合の勝敗が決まらない。 ゲージを削り切っても,コアユニットに 「格闘攻撃で」トドメを刺さない限り,タイムアップまで試合が続くのである。 コアユニットへの攻撃を最優先とし,敵との交戦はあえて避けるのも1つの手となったわけだ。 また,ゲージが4分の1まで削れると,そのチームのプレイヤーキャラは 「G. Nフォースモード」を自動で発動し,撃破されるまでパワーアップ状態となる。 これもPC版で追加された新要素の1つだ。 序盤から押され気味になったとしても,PC版ではG. Nフォースモードによって逆転できる可能性が生まれるのである。 これにより,勝ちたいならコアユニットを狙ったほうがてっとり早いため,敵のプレイヤーキャラを撃破する(相手にする)必要性が下がり,ガンスリのだいご味でもあった 「プレイヤー同士の銃撃戦」の部分は薄まってしまった感が否めない。 そのため戦況が「にらみ合い」の膠着状態に陥りにくく, 対戦のテンポ自体は悪くなかった。 むろん 「コアユニットはいらない。 キャラクターはレベルが上がるごとにバトルポイントを振り分けることができ, 「格闘距離」や 「ブースト」といったパラメータを伸ばせる。 一方のウェポンパックは,レベルが上がることでスキルを付与できる。 アルファテストでは 「シールド装填数UP【小】」というスキルを(なぜか該当する武器がウェポンパックに含まれていなくても)付与できたが,その効果は体感できなかった。 今のところ未調整の項目かもしれない。 設計図にはレアリティが存在し,そのレアリティに応じたウェポンパックが作れるようになっていた。 成長要素として今後大きく拡張されるかもしれないが,キャラクターやウェポンパックのレベルアップによる恩恵はあまり感じられず, 「誤差の範囲内」だった印象。 少なくともアルファテストでは,強さに直結するのは 「プレイヤーの腕と判断力」と考えて間違いない。 レアリティの低いウェポンパックでも実際勝ちまくった。 対戦中,空中ダッシュの使い方がうまい! と感じた人は,対戦後のリザルト画面で大体1位か2位にランクインしていた。 こちらの進行方向を予測して 「偏差撃ち」も的確に決めてくる人となると,もうまったく歯がたたず,キャラやウェポンパックの性能差で「どうにかなる」レベルではなかった ちなみに先述のとおり,対戦には500秒の制限時間が設定されているが,アルファテスト時の対戦でタイムアップを迎えたことは一度もなかった。 残り時間200〜100秒で対戦の勝敗は決まるケースがもっとも多く,1回の対戦時間が短いため,つい繰り返し遊んでしまった。 次回のテストや正式サービスでは,良好な通信環境でぜひプレイしたい。 なおテレビアニメ 「ガンスリンガー ストラトス」の放送・配信が4月にTOKYO MX,BS11,とちぎテレビ,群馬テレビ,niconicoで開始される予定()。 アニメにも興味があるという人は,こちらへの期待も高めておこう。

次の